So-net無料ブログ作成
検索選択

伊藤整文学賞に高橋、宮沢両氏(時事通信)

 第21回伊藤整文学賞(伊藤整文学賞の会など主催)は10日、評論部門が高橋英夫氏(80)の「母なるもの 近代文学と音楽の場所」(文芸春秋)と宮沢章夫氏(53)の「時間のかかる読書 横光利一『機械』を巡る素晴らしきぐずぐず」(河出書房新社)に決まった。賞金各50万円。小説部門は該当作がなかった。授賞式は6月18日、北海道小樽市の小樽経済センターで。 

【関連ニュース
桑原武夫学芸賞に坪内稔典氏
ホラー小説大賞にふりーくかな氏
松本清張賞に村木嵐さん
横溝正史賞に伊与原新さん
蛇笏賞に真鍋呉夫氏

新潟で震度3(時事通信)
虐待の厳罰化訴え、神戸と川崎で主婦ら署名集め(産経新聞)
「わたしは時間を描いている」 横山裕一 ネオ漫画の全記録(産経新聞)
<訃報>八角道夫さん86歳=元新和海運社長(毎日新聞)
アイスランドの火山灰影響、成田発着2便欠航(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。